スタッフブログ

Owner’s Voice―ホームシアターのある家―


こんにちは、R+house日進みよしです。
「ホームシアターが欲しい!」
「どこでもゴロゴロしたい」
「生活感をなくしてスッキリさせたい」
たくさんの希望を叶えた東郷町のK様邸をご紹介します。

K様邸担当したのは、建築家・飯塚一樹先生です。

【プロフィール】
飯塚一樹/イイヅカカズキ建築事務所(新潟県)
1977 新潟県生まれ
2000 工学院大学工学部第一部建築学科建築学コース卒業
2000~2007 新潟県内設計事務所勤務
2007 イイヅカカズキ建築事務所設立
一言コメント:『家』を造るためのキーワードは『人』である

 

K様は3人家族。
当社の説明会に参加していただいたことがきっかけでした。
もともと、お子さまが産まれて落ち着いた頃に家づくりを始めたいと考えていたK様。
信頼関係が築けて理想の家が建てられそうだ」と思ったそうで、当社を選んでくださいました。

 

K様は土地がなかったので、土地探しから開始。希望の範囲が限られていたため、なかなか予算と土地の広さがぴったりくる場所が見つからず、とても苦労されました。
ようやく、土地が見つかり、いよいよ家づくりがスタート。夢と希望がいっぱいで打ち合わせ中も話がつきませんでした。

それでは、K様の希望がどのようにカタチになったのか、見ていきましょう。

 

まずは、明るく開放的なリビング。
ご希望だった4人掛けのダイニングセットとリビング階段を取り入れました。
無垢の床の肌さわりが最高に気持ちが良くて、スリッパ生活を辞めたそうです。

 

そして、ホームシアター
K様が特に家づくりでこだわったポイントです。
プロジェクターと音響を取り付け、本格的に映画を楽しめる空間に仕上がりました。

 

「リビングに向いて料理がしたい」という奥様のご要望を反映したキッチン。
手元を隠したいということで腰壁を設置しました。

 

家族3人がゴロゴロできる畳コーナー
スキップフロアの空間を活用し、畳の下には大容量の収納スペースを造りました。

 

スッキリした印象の洗面所。
脱衣、洗濯機、洗濯物を一時的に掛けられるところ、衣類収納を同じ空間に置きたいということで、すべてを同じ空間に設置できるように設計しました。

 

日向ぼっこができるようなウッドデッキお庭が欲しいということで、腰掛けられるようなウッドデッキとお手入れが簡単な人工芝のお庭を造りました。
家族みんなでBBQキャンプができるくらいの広さがあります。

 

K様よりこれから家づくりをされる方へ
ご主人)土地を決まるのは苦労しました。土地決めの際は思い切った決断が大事です。
奥様)予算内で建てるためにこだわるポイントと優先順位を付けたことは思ったよりも大変でしたが、マイホームは本当に最高です!やりたいことこだわりポイントは全て伝えてください!叶います!

K様、貴重なご意見ありがとうございました。

 

建築事例はこちら▽
https://rhouse-nisshin.jp/works/

お客さまの声はこちら▽
https://rhouse-nisshin.jp/voices/

お問い合わせはこちら▽
https://rhouse-nisshin.jp/contacts/

記事掲載日:2020年10月29日







会社概要
イベント参加申込
お知らせ
インスタグラム
採用情報
15のお約束
WEB相談申込受付
土地探し