スタッフブログ

「住まいとお金シリーズ②」土地ありと土地なしでは何が変わるの?


こんにちは、R+house日進みよしです。
家づくりを始めるときに必要になるのが家を建てる“土地”ですよね。
みなさんはもう家を建てる土地って決まっていますか?

土地がある場合と土地がない場合では、土地代やそれに関わる諸経費が変わることはすぐにわかりますね。土地があれば土地代が必要ないので総予算が抑えられる、またはお家に予算を使えるなどメリットが多いと思われがちですが、我々はメリットばかりではないと思っています。
土地がなく、これから土地を購入する際に、見落とされがちですが実は注意すべきポイントがあります。これは家づくりに大きく影響する場合も。

例えば、「祖母から譲られた土地が農地だった」という場合、家が建てられないこともあります。具体的にはその土地が「市街化調整区域」という場所にある場合は、お家は建てられません。例え、おばあさまが昔から住んでいる場所でもみなさんにはお家を建てられる権利がない場合もあります。この場合は行政書士さんに相談が必要になります。

そして「希望のエリアだったし、金額も予算内だったから」と先に土地を購入されて家づくりを始める方も注意が必要です。こちらは希望する建物を建てられなかったりすることがあるからです。

「土地があるのに、どうして希望のお家が建てられないの?!」と疑問に感じますよね。
これは、建物を建てる上で定められている土地の規制があるからです。

例えばその土地にお家を建ててもいい面積が決まっていたり、高さの制限があったり、お家を建ててはいけない場所があったり、そのあたりを総合的に確認してからでないと家のプランに大きく影響する場合もあります。

また、工事車両が入れなかったり、高低差を解消するために想定外の費用が掛かったりすることもあります。
「こんなはずじゃなかった・・・」とがっかりしないためにも、土地がある人もない人もまずは当社にご相談ください!

「いきなり相談は・・・」という方は、当社で開催している「賢い家づくり勉強会」に参加してみませんか。

家づくりについて知りたい情報がいっぱいです。
https://rhouse-nisshin.jp/category/events/

WEBや電話でも家づくり相談を受け付けています。
https://rhouse-nisshin.jp/web-tel-soudan/

記事掲載日:2020年11月03日







会社概要
イベント参加申込
スタッフブログ
インスタグラム
採用情報
15のお約束
WEB相談申込受付
土地探し