スタッフブログ

「住まいとお金シリーズ②」お金がかかる設備とは?


こんにちは、R+house日進みよしです。

家づくりを始めると「こんなにお金がかかるの?!」と驚かれる方も多いと思います。
予想よりお金がかかる場所としてキッチンや浴室、洗面所などの生活に不可欠な水回りがあげられます。
毎日使う場所だからこそ、こだわりたいという方も多いですよね。

例えば、キッチン。

「食洗機をつけたい」
「パントリーが欲しい」
「対面式キッチンにしたい」

など、特に奥さまがこだわりたいものが多い場所になります。

お気に入りのキッチンなら毎日の家事も楽しくなりますし、食洗機やオーブンなどこだわりの機器があれば家事効率もアップします。

洗面も、造作にするか既製品の洗面台にするかで金額は変わりますし、鏡も、1枚鏡かミラーボックスにするかで、用途もお金のかかり方も変わります。浴室も広さやどんな蛇口を選ぶのか、浴室乾燥機や物干しポールがいるか?で金額が変わってきます。

そしてトイレ

1カ所にするか2カ所にするのかで、間取りにも影響します。

「こだわりすぎても予算オーバーになるけど、快適な生活をするために妥協はしたくない」
ただ予算とにらめっこしてもなかなか解決しないこともありますよね。

水回りは“どこまでこだわるのか“によって金額は変わってきますが、実はコストを抑えることができるのも水回りです。

そこで、R+houseではかっこいい家をお値打ちに建てられるように、建築家とメーカーがコラボレーションしたかっこいいオリジナルキッチンを作っています!

そのほか、浴室や洗面も、R+houseの雰囲気にぴったりの、かっこよくて使い勝手のいいデザインを標準でご用意しています。通常だと予算オーバーしてしまいそうなこれらの水回り設備も、流通の仕組みや売れ筋のみを取り扱うなどの工夫で、かなり価格を抑えることができ、標準で十分満足できる(注1)ようになっています。

一緒にちょうど良いバランスの設備を見つけませんか。

注1:標準の機器以外ももちろん選んでいただけます

 

建築事例はこちら▽
https://rhouse-nisshin.jp/works/

お問い合わせはこちら▽
https://rhouse-nisshin.jp/contacts/

 

記事掲載日:2020年11月05日







会社概要
イベント参加申込
スタッフブログ
インスタグラム
採用情報
15のお約束
WEB相談申込受付
土地探し