スタッフブログ

「住宅性能のお話②」家づくりでできる“冬の寒さ対策”って?


こんにちは、R+house日進みよしです。
今日は、寒い冬でもおうち時間を快適に過ごせるように、家づくりでできる“冬の寒さ対策”についてご紹介します。

当社では「寒さ対策のために床暖房を入れたい」と相談された場合、「必要はないです」とお答えしています。
床暖房を入れるということは、床が冷たいですと言っているようなものです。
床が冷たいということは、基礎に外気が入りこんでいる証拠。その影響で床の下の断熱材は常に冷やされるため断熱材自体が冷えてしまい、その寒さが床に伝わり、床が冷えて「床暖房が欲しい」となるのです。

寒さの原因は、壁や屋根、床から冬の寒さが伝わったり、窓から冷気が入ってしまったりすることです。
その対策のポイントとなるのがその「)」と「屋根」と「」です!
壁にはしっかりとした断熱材を入れ、窓も断熱性の高いものを使いましょう。

そして、床に外の熱が伝わらないようにするためには、基礎に断熱材を施工する「基礎断熱」が重要になります。これを施すことで基礎の中に外気温が伝わりにくくなり、部屋と床下の温度差が抑えられ、足元の冷えを解消することにつながります。(屋根も床と同じ原理で天井に断熱をするのではなく屋根を断熱しましょう)

このように、基礎も家と同じように外の熱が入らないようにきちんと断熱し、床下と床上の部屋を同じ温度にしておけば床の冷たさはなくなり、足も冷えません。ですので、当社の建てる家は「床が冷たくないので床暖房は不要」ということになります。

余談ですが、過去に1組だけ床暖房を入れたお施主様がいらっしゃいます。
そのお客さまに聞くと、いまだに1度も使ったことがないとおっしゃっていました。
お客様アンケートでは、「スリッパ生活」から完全に「くつした生活(または裸足生活)」になりました!とそんな声が多く聞かれます。

モデルハウスやオーナーさんのお家で実際に体験できます。
お問い合わせはこちら▽
https://ikoken.jp/contacts/

記事掲載日:2020年11月10日







会社概要
イベント参加申込
スタッフブログ
インスタグラム
採用情報
15のお約束
WEB相談申込受付
土地探し